医師の働き方は多様化しています

医師と言えば、総合病院の専門の科に座っている、外科で手術をしている、個人病院を経営しているというイメージを浮かべるかもしれません。しかし、社会が多様化している現在では、医師の働き方もかなり多様化してきているのです。例えば小さな子がいる女医さんなどですと、パートタイムで仕事をすることもあるでしょうし、何等かの理由でアルバイトしかできない方もいるでしょう。では、実際にどのような働き方があるのでしょうか。

インフルエンザの予防接種現場で働く

医師が行っているアルバイトの代表的なものとして、インフルエンザの予防接種を打つというものがあります。インフルエンザ等の予防接種の季節になりますと、一度来に多数の人が来院しますので、常勤の看護師や医師では到底人出が足りません。そんな時に活躍するのが、アルバイト医師なのです。確かに非常に忙しいのですが、短期であることと、内容自体がそれほど難しくないことを考えますと、非常に割の良いアルバイトだと言えるでしょう。

健康診断の場で活躍する

健康診断を受けたことのある方は、専用の病院で検査して貰ったことを覚えていますでしょうか。実は、そこでもアルバイト医師が大活躍しているのです。健康診断の場で求められるのは、問診能力、エックス線の読写など、さまざまな専門的なスキルです。女性医師に関しましては、婦人科検診(乳がん・子宮がん検診)の場で大活躍することが出来ます。夜勤などがありませんし、決められた時間内での職務ですので、アルバイトとしては最適だと言えるでしょう。

医師にとってバイトは気分転換です。医師のバイトは医師にとって、本筋と外れたところから励める気分転換です。